✤石けん作りを基礎からきちんと学びませんか?

■恋する石鹸Ⓡ入門コース3期生
(月1回・全6回コース)昼食持参 
初回 10/26土 
◆1レッスン5400円(材料費・レジュメ込み)
◆最終回のみ6400円
お申込みフォーム

 

 

最新スケジュュールはこちらから→

 

今月からボタニカルクラスがリニューアル!【ボタニカルcourse】に

おかげさまで
このコースをはじめて1年。
いまいちど内容を精査して新しく「ボタニカルcourse」にさせていただきました。

 

9月のボタニカルcourseは
夏の荒れ肌を修復してくれるカレンデュラ
 こちらで詳しくご案内→

*カレンデュラのケアソープ
*モイスチャーリニメント
*抽出エキスレッスン


盛りだくさんのレッスンでお待ちしております。

10月は酒粕です ♪

 

 

初めての柿渋づくり

この夏はいかがお過ごしでしたか?

 

すっかり秋の気配。

暑い日にも、風のなかに爽やかさが混じってきましたね。こうやってまた季節が変わって、あっという間に年末ってことに・・・!

今から年末だと思っていれば最強です最強なんですけどね~

さて、この夏には、田舎でずっとやりたかった柿渋づくりに挑戦してみました。

 

柿はお盆の時期あたりから8月末くらいが渋(タンニン)が一番多くなるそうです。

 

何十年ぶりかの柿もぎ!
便利な道具があるものですね。考えた人すごい!

 

柿渋作りって石鎚みたいなものでたたき割ったり、それを毎日まぜながら発酵させたり濾したり・・・

回りも自分もベタベタになりながらなんだか大変な作業・・・のイメージ。

気になるけれどハードルたかいな……
と思いきや、とても簡単な作り方をみつけたので私にも出来るかも?とやる気になりました。

 

 

柿渋作りその1

①きれいに洗って 荒く切りミキサーにかけます。

 

②容器に移してひと月はこのまま。
はじめのひと月は毎日かき混ぜて発酵を促し
ひと月したら濾して保存瓶にいれます。

 

濾すところからはその2の③と同じ

 

その後も時々かき回して発酵のお世話をします。

 

 

 

もっと簡単その2

もう少し楽な方法もやってみました。
せっかく1年も2年もかけて仕上げるのなら
いろいろと試してみよう~これで成功したらとても楽ちんで嬉しい ♪

 

①柿をきれいに洗ってへたを取り、包丁でざく切りにしてひたひたの水につけ一晩おきます。

一晩おくと上のように色が変わりところどころに泡がでています。

 

②翌日にはもう、ミキサーでペースト状にしていきます。

 

③できあがったペーストを
大きな布巾で濾します。
できればリネンがいいですね。
酸化しながらどんどん色に風合いがでるようです。

柿渋作り

この濾して絞るのにとても力がいるんです。
写真を撮り忘れましたが、
ペーストを入れた布巾の真ん中あたりに棒をかませて、

 

棒に布の端っこを巻き付けたら、その棒をねじっていくと楽に絞れます。
画像がないとわかりにくいですよね・・・すみませんっ
(大正生まれの父の助言でした)

 

完成!

その1も結局すぐに絞ってしまいました。

(令和元年8月15日)

あとは毎日かき混ぜて発酵を促していきます。
できあがるのは1年~3年後

 

 

仕込んでから半月たつと・・・・・こんな感じ。

柿渋

(令和元年9月1日)

色も緑色からベージュにかわり、
前ほど泡がぶくぶくしてこなくなりました。

 

これでいいのかな~?
匂いは青くささが抜けてアルコールのような発酵臭がしています。

 

いい色の柿渋になるんだよ~~
自家製柿渋石けんめざして♥

 

令和元年9月1日

 ******************

 

ーー現在募集中の講座ーー
体験レッスン
ボタニカルcourse(1day・6回コース)
   ■ユキノシタ 
   ■カレンデュラ
恋する石けん入門コース10/26
■アロマクラフト講座

ご希望のレッスンがありましたら
募集スケジュールへ

 

毎月第3週にオープン!(月火水木金
教室Botanical showerボタニカルシャワー横浜 東戸塚 上永谷 上大岡
お気軽にお問い合わせください。
インスタグラム更新中→★

ご予約可能日はこちらから
↓↓
募集スケジュール
お申込みフォーム
持ち物
アクセス
Blog